目の下のハリ、クマの原因

MENU
 

 

「目の下の化粧ノリが悪くなった」「目の下のタルミやクマが気になる」など、目の下に関する悩みは様々あります。

 

目の下は、年齢を感じやすい部分でもありますよね。

 

では、なぜ目の下のハリが無くなるのでしょうか?

 

 

目の下の皮膚の薄さ

 

実は目の下というのは、非常にデリケートで悩みが顕著に出やすい部分なのです。

 

その理由は、目の下の皮膚の薄さにあります。

 

目の下の皮膚は、人体で最も薄いと言われており、その厚さはわずか0.5ミリほどです。

 

他の部分が2ミリほどと言われているので、かなり薄い部分であることがわかりますね。

 

 

皮膚痩せ

 

加齢により目の下が痩せてくると、「皮膚痩せ」が起こります。

 

ただでさえ薄い部分の皮膚がさらに痩せてしまうと、その下の色素が透けて見えてしまいます。

 

健康的でふっくらとした皮膚に比べると、肌色の見え方が変わってきてしまい、影のある老けた印象になってしまうのです。

 

 

皮膚痩せの原因は、加齢や紫外線によるダメージで皮膚内部の「コラーゲン」が減少するためと言われています。

 

保湿効果の高いコラーゲンは、加齢と共に失われていきます。

 

コラーゲンが減少してしまうと、若い頃のようにピンとしたハリのある肌感やふっくらとした目元を保つことが難しくなり、皮膚が痩せていってしまうのです。

 

さらに、コラーゲンが失われていくことで肌内部の栄養までもが流れ出てしまい、それも皮膚痩せの原因となります。

 

 

目の下のクマ

 

皮膚痩せにより起こる悩みのひとつには「クマ」があります。

 

「寝不足ではないのに…」

 

「目元を温めて血行を良くしても効果なし」

 

「美白化粧品を使っても効果なし」

 

なんて方は、皮膚痩せが原因のクマなのかもしれません。

 

 

クマには、以下のように3種類に分類することができます。

 

@茶クマ(色素沈着が原因)
A青クマ(皮膚が透けて見える、血行不良)
B黒クマ(たるみや影が原因)

 

特にAとBの青&黒クマの悩みは、皮膚痩せが原因であることが考えられます。

 

目の下の皮膚を若い頃のようにふっくらとさせることができれば、クマ撲滅の近道になると思われます。

 

 

目の下のたるみ

 

目の下のたるみは、特に悩みが出やすいタイプと言われているのが、意外ですが「元々目の下の脂肪が多い人」です。

 

目の下に脂肪が多い人には「目が大きい人」に多いと言われており、たるみが出きやすい傾向があるそうです。

 

 

先ほど説明した「皮膚痩せ」に加え、加齢による「筋肉の衰え」の影響を大きく受けやすいのです。

 

加齢によって眼輪筋などの目の周りの筋肉が衰えてきます。すると、脂肪を支えることができなくなり、重力で下に垂れ下がってきてしまうことが原因と考えられています。

 

脂肪が多いとその重さを支える筋力を保つことが難しくなり、皮膚が下がってしまう
⇒たるみの原因ということですね。

 

さらに目の下の皮膚は非常に薄いため、たるみはより目立ってしまいます。

 

 

目の下のたるみには、まずは目の周りの筋力をつけることが大切だそうです。

 

「ウィンク」や「顔は上を向けて目線は下を向きまばたきする」だけでも効果はあるそうです。

 

他にもさまざまなエクササイズがあるので、自分に合った方法を見つけるとよさそうですね。

 

 

 

最後に

 

目の下の悩みの原因は、元々薄い皮膚の「コラーゲンが不足する」こと、そしてそれにより「皮膚痩せ」してしまうことだと考えられます。

 

皮膚痩せの解決策としては、「目の下のコラーゲンを保つこと」

 

たるみの解決策としては、「支えられるだけの筋肉をつけること」だと思われます。

 

目の下の皮膚をふっくらと健康的に甦らせるには、整形技術でも可能かと思いますが、手軽で安全な方法としては、目の下専用の化粧品などで改善していくことがひとつ考えられます。

 

目の周りの筋肉は、日頃から意識してエクササイズすることが大切そうですね♪

 

 

目のクマ改善に効果あり!?

 

》「アイキララ」の口コミ体験談