目の下のクマを見分ける方法

MENU

目の下のクマには3種類ある!見分ける方法伝授!

 

アイキララを使い始めて2週間が経過しました。

 

化粧水を塗るついでの作業なので、面倒なことはなくすっかり習慣化されています。

 

 

アイキララで目元のケアを始めてから、周りの人の目元も意識するようになりました。

 

特に私の母!

 

育児や仕事で疲れ自分のケアをする時間がなかったみたいで、ハリもなくシワも目立っています。何もしなければ未来の私もきっと同じように…。

 

目の周りは皮膚が薄いですし、特に年齢が出やすい部分ですよね。

 

日々のアイケアって大切だなぁとつくづく感じる今日この頃です。

 

 

 

アイキララ使用後〜2週間〜

 

さて、2週間後の写真がこちらです。

 

 

 

ちなみに2週間前(始める前)の写真がこちら↓。

 

 

まだ特に大きな変化は見当たりません!

 

全体的にクマが目立っているように思います。

 

 

そして今週の写真は、アイメイクも完全に落としてきれてないですね!

 

マスカラが目の下に残っちゃってます(>_<)汚くてすみません…!(茶クマの原因かもしれない)

 

変化はまだわかりませんが、トラブルもないですし、「MGA」というビタミンC誘導体の一種によってお肌をふっくらとさせる効果があるそうなので、早く少しでも効いてきてくれていると嬉しいなぁと思っています。

 

 

ちなみにですが、使用方法は洗顔⇒化粧水⇒アイキララ⇒乳液の順です。

 

私の場合、子育て中で時間がないので、普段のケアはオールインワンジェルを使っています。

 

その場合は、オールインワンジェル⇒アイキララの順番で大丈夫みたいですよ♪

 

 

 

クマの種類について

 

前回の記事で、クマには3種類(茶クマ・青クマ・黒クマ)があるとお話ししました。

 

その見分け方というのを知ったのでご紹介させていただきます。

 

その方法とは「目尻を軽く上にひっぱる」だけなんだそうです!

 

 

茶クマ

色素沈着が原因のため、目尻をひっぱっても皮膚と一緒に動く。

 

青クマ

皮膚が透けてみえているため、目尻をひっぱってもクマは動かない。

 

黒クマ

たるみや影が原因のため、目尻をひっぱるとクマが消える。

 

 

実際に私も目尻をひっぱり試してみることに…!ドキドキ…。

 

じっくり観察してみると、

 

・クマの下の部分は消える(これは黒クマ?)
・一部分、動かない青く透けているクマを発見(青クマ)
・残りの大部分のクマは皮膚と一緒に動く(茶クマっぽい)

 

なんと、3種類のクマが合わさった混合タイプということがわかりました(笑)。

 

黒クマはないと思っていただけに少しショックを受けています…!!

 

20代後半でもたるみや影の部分もバッチリあるみたいです。

 

 

早いうちに観察してそれに気付けてよかったです。

 

どの部分のクマにアイキララの効果が現れるのか、これからある意味楽しみですね。

 

 

アイキララの1か月体験談はこちら!